猫用キウォフはどんな薬か | 猫用の寄生虫駆除薬ならキウォフがオススメ!通販で簡単に購入できる

猫用の寄生虫駆除薬ならキウォフがオススメ!通販で簡単に購入できる

猫用キウォフはどんな薬か

「猫用キウォフはどんな薬か」のイメージピクチャーです。

最近は捨てられていた猫を保護したり、保健所にいた猫を引き取って飼い始める人たちもいますよね。
元々は野良だったり、捨てられていたところを保護されたりした猫には回虫や条虫といった寄生虫が入り込んでいることが多くあります。
猫用の寄生虫駆除薬であるキウォフが手元にあれば、新たに猫を保護したりしたときにもキウォフを与えることができます。

とても頼りになるキウォフですが、日本ではドロンタールキャットのほうが有名なのでキウォフをよく知らない人もいると思います。
先ほども少し触れたように、キウォフはドロンタールキャットと同じ成分で作られた、いわゆるジェネリック薬です。
プラジクアンテルとパモ酸ピランテルという有効成分が使われており、生後4週齢以上および体重500g以上の猫に投与することができます。
キウォフに含まれているプラジクアンテルとパモ酸ピランテルが猫の体内にいる寄生虫に作用して駆除してくれるといったもので、1ヶ月から3ヶ月ごとに1回投与する必要があります。
この条件を満たしていることが必須ですので、満たしていない場合はキウォフを使うのは避けたほうがいいでしょう。
キウォフを飲ませたい猫の年齢がどれくらいなのかわからないという場合も、念のために避けたほうがいいかもしれませんね。

また、キウォフはよく似た名前の薬で犬用のキウォフプラスという薬もあります。
猫用と犬用では含まれている成分の量などに違いがあり、間違えて使ってしまうと大変なことになるので間違えないように注意しましょう。